Loading...

NEWS
2021.1.31

ロルフィング®をご検討の方へ(2021’ 1 加筆)

2021.1.31
NEWS

初めまして佐藤と申します。ここでは現在私が提供するワークの内容を自己紹介も含め記載しています。長文ですが是非ご一読頂ければ幸いです。
今、私は内在する心地よいリズムやペースで身体を捉えることを大切にセッションをしています。これまでの経験から身体の反応に気づいているということは統合された身体にとって大切な事だと捉えています。私が初めてロルフィング10シリーズを受けたのは2009年でした。その際には自分の身体への気づきは今に比べ乏しいものでしたがその圧倒的な解放感、高揚感は今も忘れていません。それは私にとって強烈な光でした。そうしてロルファーになった訳ですがロルファーになった後も腰の痛みに襲われたり、身体の辛さに加え、それまでは気づかなかった心の傷にも出会い様々な出来事を経験しました。
時は流れ2018年、東京でのロルフィング協会主催ワークショップでThe Art of Yielding※①という技法を用いた10シリーズのワークショップに参加した際もう一度身体を捉え直す機会に恵まれました。そこでの圧倒的な安心感、脱力感からくる充実感の身体経験は今も私の支えです。そしてこの安心感、脱力感と共にさらに身体への気づきが高まる事により身体統合が維持される事を経験してきました。これらのことから2021年現在、私のワークはThe Art of Yielding という技法を中心に進めていくと同時に、Source Point Therapy ※②というエネルギーワークを積極的に取り入れています。私にとってもチャレンジングな日々を過ごし、フレッシュで爽やかな流れをクライアントさんと共有できる事を願っています。是非一緒にセッションを楽しんで頂ければ幸いです。

営業日時
 金、土、日曜日(祝日) 10時〜18時(セッション開始時間)

2021年もよろしくお願い致します。

【私のワークに影響している方達の紹介】

※①ロルフムーブメントの教員で東京で活躍中の田畑浩良さんにより開発されたワーク。独自の肚の感覚を用いながら、空間身体学を提唱しておられます。
田畑さんのHP→ROLFINGER.COM

※②アメリカサンタフェ在住のロルファーで禅にも精通するBob Schreiとパートナーの DonnaThomsonにより創造されたエネルギーワーク。日本では私のロルファーでもある佐藤博紀さんから学ぶ事もできます。
ボブとドナのHP(英語)→SOUCE POINT THERAPY


~IDA ROLF の残した言葉~

「ほとんどのボディーワークは箱の中、枠組みの中に入って治そうとするけれど、ロルフィング®は箱を開く。我々のワークは、人々に地球との深い関係性をもたらすことを考えている。天と地を繋ぐこと、周りの空間と関係を持つこと、外のスペースとの関係性と同時に、自分の中にもスペースを持っていること。そういう変化を人に起こすことができる。単にメカニカルに姿勢や動きを変化させているだけではない。」

(2017年日本ロルフィング協会機関紙より抜粋)



一覧へ戻る

カテゴリー

TOP
佐藤 正治

佐藤 正治 MASAHARU SATO

Rolf Institute 認定 Rolfer™
& Rolf movement® practitioner
柔道整復師

龍谷大学スポーツサイエンスコース 卒業 / 明治東洋医学院柔道整復学科 卒業 / 米国 Dr Ida Rolf Institute® 卒業 / 日本ロルフィング協会会員