Loading...

SESSION
セッション


クライアントとプラクティショナー

重力をセラピストとして用いるには先ずプラクティショナー自身が身体の全体性を体現している事が重要です。またセッションにおいてクライアントとプラクティショナー双方においての優越性はなく、その役割を交代できるような関係性が理想的です。セッションではクライアントは自身の身体と変化に責任を持ち、プラクティショナーはそれが起こる為の場を提供する事がセッションの内容に影響します。

私のロルフィングセッションの特徴

本来私たちは自分がどうあれば楽しくて楽であるかという「楽」を本能的に感覚として持っています。この「楽」の感覚は健康と密接に関係しています。様々な経験により癖が生まれ身体バランスが崩れるとそれが全体の流れを遮り、より多くのエネルギーを必要としてしまいます。セッションでは身体に内在する「楽」をベースにした動きに意識的であり見逃さない様にする事を大切にしています。現在私はこれまでの学びと自身の体験から、東京で活躍されているロルファー田畑浩良さんオリジナルワークのThe Art of Yieldの影響を強く受け、セッションに大いに活用しています。又ソースポイントセラピーというエネルギーワークの要素も取り入れています。


ロルフィングセッション
90分 12000円

10シリーズ、 10シリーズ後のセッション、ロルフムーブメント

体験セッション
60分 7000円

セッションにおいてご理解いただきたい内容

  • セッションは治療行為ではなく、クライアントの自然治癒力をサポートするものであること。
  • 精神疾患の診断を受けておられる方は主治医への身体からの働きかけの許可が必要であること。
  • 投薬中の方は身体統合の結果症状が改善された際にもご自身の判断で減量、中断せず主治医との相談の上決定していただくこと。

Rolfing® 紹介ビデオ

Rolfing®を受けた人々のインタビュー等の収録。
日本語字幕です。

TOP
佐藤 正治

佐藤 正治 MASAHARU SATO

Rolf Institute 認定 Rolfer™
& Rolf movement® practitioner
柔道整復師

龍谷大学スポーツサイエンスコース 卒業 / 明治東洋医学院柔道整復学科 卒業 / 米国 Dr Ida Rolf Institute® 卒業 / 日本ロルフィング協会会員